iPhone13を最安値で購入する方法|楽天モバイルへの裏技的乗り換え時の注意点とキャンペーンをおさらい。

こんにちは!

ついにiPhone13シリーズが発表されましたね。

ハルタメ
ハルタメ

で、もちろん、Apple Storeからも購入はできるんですが、実際どこで購入するのが最安値何だ!?ということで調べてみると・・・衝撃的な事実が発覚しました。

ということで、今からiPhone13を買うならどこで購入するのが一番お得か!?ということで、早速いってみましょう!

iPhone13の購入方法まとめ

ではまず、iPhone13の購入方法についてまとめました。

公式Apple Store

製品名 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone13 mini 8万6800円 9万8800円 12万2800円
iPhone13 9万8800円 11万800円 13万4800円
iPhone13 Pro 12万2800円 13万4800円 15万8800円 18万2800円
iPhone13 Pro Max 13万4800円 14万6800円 17万800円 19万4800円

公式Apple StoreでのiPhone13シリーズの価格はこんな感じです。

公式ストアなので、この価格が基準となることになりますね。また、Apple Store限定のメリットとしては、24回まで金利手数料無料となってますし、商品到着から14日以内であれば無条件で返品可能、というところが大きいですね。

参考:【公式】iPhone13、13miniの価格、【公式】iPhone13 Pro 、Pro Maxの価格

大型家電量販店

では、次に大型量販店のヨドバシカメラとビックカメラでもiPhone13が予約、購入できます。

ビックカメラ

基本的に、iPhone13シリーズのビックカメラでの販売価格はApple Storeと一緒です。ただし、1%のポイント還元がるので、機種代金によって、800円〜1900円ほどのポイントバックがあるのが特徴です。

ただし、公式Apple Storeと違い、金利手数料無料の分割支払いや返品は不可となってます。

参考:【公式】ビックカメラ|iPhone13シリーズ価格【公式】ビックカメラ|iPhone13 Proシリーズ価格

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラも、iPhone13シリーズは、基本的にはApple Storeの公式の価格と同じ。そして、ビックカメラと同じく、ポイント還元がつく分、若干お得、といったところ。同じく1%のポイントバックとなります。

そして、ヨドバシも金利手数料無料の分割支払いはなく一括支払いのみとなっていますし、返品は不可です。

参考:【公式】ヨドバシカメラ|iPhone13シリーズ価格【公式】ヨドバシカメラ|iPhone13 Proシリーズ価格

docomo

製品名 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone13 mini 9万8208円 12万384円 15万1272円
iPhone13 11万1672円 12万5136円 16万4736円
iPhone13 Pro 14万2560円 16万5528円 19万7208円 22万6512円
iPhone13 Pro Max 14万2560円 16万5528円 19万7208円 22万6512円

docomoショップでの一括購入の場合はこんな価格設定になってます。Apple Storeよりも大分割高な価格設定になっていることに注意。これに、MNPでの契約となると、22000円割引となり、Apple Storeよりも全機種共通して10000円前後安くなる、という形になります。

また、残価設定型で月額料金を支払う設定もでき、その場合、47回の分割支払いか、23回目まで支払って機種を返却することで、24回目以降の機種代金を支払う必要がなくなる、というシステムが利用できます。(※ただし、機種返却の際の状態が基準に満たない場合、2万2000円を支払わなくてはいけません。)

参考:docomo iPhone13・13 Proシリーズ価格docomoいつでもカエドキプログラムの詳細MNP割引システム(5G WELCOME割)の詳細

au

製品名 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone13 mini 10万1070円 11万5020円 14万3040円
iPhone13 11万5020円 12万8970円 15万6995円
iPhone13 Pro 14万3040円 15万6995円 18万5015円 21万2920円
iPhone13 Pro Max 15万6995円 17万945円 19万8965円 22万6870円

auでのiPhone13シリーズの価格はこんな感じ。ドコモよりも特にミニの価格が高めに設定されてますね。

また、docomoと同じく、MNPで転入すると、2万2000円の割引のほか、新規で契約しても1万1000円割引が適用されます。さらに、名前は違えどスマホトクするプログラムという残価設定型の支払い制度もあり、こちらは24回支払いした後に機種を返却すると残りの購入代金を支払う必要はありません。(この時の査定状況によって、2万2000円の支払いが発生する場合があります。)

参考:au iPhone13・13 Proシリーズ価格auスマホトクするプログラムの詳細、auのMNP・新規割引(au Online Shopお得割)

SoftBank

製品名 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone13 mini 10万1520円 11万5920円 14万4000円
iPhone13 11万5920円 12万9600円 15万7680円
iPhone13 Pro 14万4400円 15万7680円 18万6480円 21万4560円
iPhone13 Pro Max 15万7680円 17万2080円 20万160円 22万8240円

参考:https://www.softbank.jp/iphone/iphone-13-pro/、https://www.softbank.jp/iphone/iphone-13/

こう見ると、SoftBankはauよりもさらに若干価格が高く設定されてる感じですね。

なお、SoftBankはMNPでの転入の場合は21600円の割引がさらにされます。また、トクするサポート+という残価設定での月額支払いもあり、この場合は24回目の支払いが終わった時点で端末を返却することで、25回目以降の支払いが免除されます。(※この際の査定額が基準に満たなかった場合は、2万2000円の料金支払いが発生。)

参考:SoftBank iPhone13シリーズ価格SoftBank iPhone13 Proシリーズ価格SoftBankトクするサポート+の詳細SoftBankのMNP割引(Web割)

楽天モバイル

製品名 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone13 mini 8万6780円 9万8800円 12万2800円
iPhone13 9万8800円 11万800円 13万4800円
iPhone13 Pro 12万2800円 13万4800円 15万8800円 18万2800円
iPhone13 Pro Max 13万4800円 14万6800円 17万800円 19万4800円

楽天モバイルのiPhone13シリーズの一括購入での価格はこんな感じ。ほぼApple Storeと同じ価格で、ミニの128GBのみ公式よりも20円ほど安くなってます。

MNP無しでも公式と同じ価格であれば、購入する価値は出てきますね。また、楽天モバイルは、MNPした場合は2万ポインとが楽天ポイントで入ります。今や、楽天ペイも普及してきたため、普通にキャッシュレストして使える現状の楽天ポイントを考えると、現金での割引と遜色ないですよね。

公式Apple Storeと同じ価格で、さらに2万円の割引相当額のポイントがつくなら、MNPでかなりお得感も増します。

参考:楽天モバイル iPhone13mini価格楽天モバイル iPhone13価格楽天モバイル iPhone13 Pro価格楽天モバイル iPhone13 Pro Max価格RM iPhoneアップグレードプログラムの詳細乗り換えMNP・新規お得割引

もし、コスパでiPhone13の購入を考えていて、さらにMNPでもOKという方は楽天モバイルで購入が最安値、ということになります。

【公式】楽天モバイルのiPhone13シリーズ予約・購入キャンペーンページへ

iPhone13を最安値で購入する方法(一括支払いの場合)

実際、本当の意味でiPhone13を一括で購入する場合、最安値は楽天モバイルです。

販売価格自体はアップルストアとほぼ同じで、やはりMNPした時の楽天ポイント25000ポイント、MNP無しの新規の契約でも5000ポイントの楽天ポイントがもらえるのが大きいです。

docomoやau、SOFTBANKもMNPでの乗り換え割が2万円程度ありますが、元々の販売金額がアップル公式よりも1万円程度割高になっているので、実際のお得感はあまりありません。(※割引額に騙されないでくださいね。。)

 

3大キャリアについては、今回のiPhone13からSIMフリーになったというのは良い部分でしたが、価格面からいうと、楽天以外のキャリアで購入するくらいなら、ヨドバシカメラやビックカメラの家電量販店で購入したほうがマシ、というレベルです。

 

実際、ヨドバシやビックカメラの販売価格自体はApple Storeと変わらないですが、1%のポイント還元がある分、公式のApple Storeよりもポイント分安く購入できる、ということになります。

ただし、非常に大きな注意点として、ヨドバシやビックカメラでは基本的に返品が不可となっています。一方、公式のアップルストアで購入した場合、返品が可能です。(私自身、Apple Storeで何回も商品の返品をしていますが、受け取りから14日以内であれば、無条件で返品可能です。)

ここが大きな違いで、1%のポイントであれば、iPhone13Pro MAXを購入したとしても、千円あまりのポイント還元のみなので、それよりかは無条件で14日以内(そこから7日以内に返品処理をすればいいので、実質21日の猶予がある)の返品保証がついているのであれば、公式のApple Storeで購入するのが断然おすすめです。

また、公式なら24回までなら金利が無料の分割支払いもできるので、なおさらApple Storeでの購入をお勧めします。

iPhone13を楽天モバイルで本当に最安値で購入する裏技乗り換え術

で、ここからが実はメインのお話。

iPhone13を本当に最安値で購入できるのは、どこなのか?

 

結論から言うと、それは楽天モバイルです。

ポイントとしては、

  1. 楽天モバイルのiPhone13はSIMフリー版である。
  2. そして、iPhone13はデュアルSIMである。
  3. 最後に、楽天モバイルは1GBまでで月額利用料金が無料になる。

この3点が非常に重要なポイント。

結論から言うと、この方法を使えば、月額2058円(公式Apple Storeで4116円/月)、総額最低料金43368円※(公式Apple Storeで98800円)で購入ができます。※残価設定

そのカラクリと手順について、これから詳しく紹介していきます。

iPhone13最安値購入計画ステップ①楽天モバイルでiPhone13を購入する

まずは、楽天モバイルでMNPせずに、新規契約でiPhone13を購入します。

→【公式】楽天モバイル|iPhone13購入キャンペーンページ

ここで注意して欲しいのが、MNP=メイン端末で契約せずに、あくまで新規契約をする、という部分。

もちろん、メイン端末として使用しても良いのですが、メイン端末で使用すると、楽天モバイルのメリットである1GBまでは月額料金が無料になる、という点が活かせません。(※これ、楽天モバイルは低速モードで1Mbps出るんだから、ずっと低速モードで使えばいいでしょ!と思うかもしれませんが、低速モードであっても段階的料金のGBに含まれるので、結局低速モードを使おうが、料金は発生してしまうという仕組みなのです・・。)

で、純粋に月間1GB以内で利用できる人というのはかなり少数派だと思うので、iPhone13のためだけにMNPしてメイン端末で利用しようと思うと不要な出費が増えてしまう、という落とし穴があるので注意ですよ。。

iPhone13最安値購入計画ステップ②楽天モバイルでeSIMを選択する

で、次です。

契約の際に、楽天モバイルは現物のSIMカードを必要としない、eSIM(イーシム)に対応し、物理SIMにも対応しているデュアルSIM構造となっています。

参考:eSIMだから実現する 簡単・手軽な申し込みスタイル | sim | 製品 | 楽天モバイル

参考:iPhone 13シリーズは「デュアルeSIM」対応(中国向けモデルを除く) – ITmedia Mobile

参考:eSIM でデュアル SIM を活用する – Apple サポート (日本)

なので、このeSIMで契約します。厳密にいうと、別に物理SIMカードでも問題ないのですが、eSIMで運用できる通信会社の方が少ないので、これからメインで利用する回線を物理SIMで契約できるように、楽天モバイルはeSIMで契約しておくほうが無難、ということです。

解約については、下記のようにアプリから簡単にできるので安心してくださいね。

参考:解約方法について知りたい | お客様サポート | 楽天モバイル

そう、何がしたいのかというと、iPhone13のデュアルSIMを利用して、格安SIMユーザーはそのまま使っているSIMを挿して、メインの回線はそっちで運用する

という方法を使えば、楽天モバイルを全く使わない(1か月1GBより少ないパケット消費量)と月額料金が無料になる、という条件によってiPhone13の端末料金だけで支払いが済んでしまう、ということです。

 

これが、docomoやSoftBank、auなどの大手キャリアだと、月額料金が全く使っていなくても固定で発生してしまうため、この方法ができないわけなんですね。

まさに、機種代金だけでiPhone13を運用できるのは楽天モバイルだけの特権とも言えるでしょう。

ちなみに、SIMロック問題について以下補足です。

キャリアのSIMロック問題

楽天モバイルのiPhone13はSIMフリーという話をしましたが、実はiPhone13からdocomo、au、SoftBankについてもSIMロックはかかっていません。なので、今回キャリアで購入したiPhone13は全てSIMフリー版ということになります。

参考:「iPhone 13」シリーズは4キャリアとも“SIMロックなし” – ITmedia Mobile

iPhone13最安値購入計画ステップ③iPhone13にモバイル通信用のSIMを挿入する

楽天モバイルのSIMの方は、全く使わず、iPhone13の端末料金だけを支払い(※楽天モバイルの月額料金が1GBまでは無料になることを利用する)、楽天モバイルで使用するモバイルデータ通信を0にします。

そうすると、楽天モバイルは月のデータ通信量が1GBまでなら料金が0円になるので、iPhone13の月々の購入費用だけが発生することになります。

つまり、

  • 金利手数料無料の48回払いだと月々2058円でiPhone13が手に入ります。
  • 公式ストアの半額以下で最新のiPhone13が手に入る(48回払いの楽天モバイルアップグレードプログラムをで24回支払いで端末を返却する場合、1807円×24=43368円となる。※)

ということになります。※ただし、返却時の状態が以下の故障や破損がある場合は、22000円の追加料金の支払いが発生します。また、返却時には一律で3300円の手数料がかかります。

参考:楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム各種お手続き方法 | お客様サポート | 楽天モバイル

 

また、この方法はdocomoやau、SoftBankなどの大手キャリアは使えません。なぜなら、必ずキャリアは月額利用料金などの基本料金がかかってくるから。

この方法は、1GB以下だと料金が無料になる楽天モバイルだからこそできる裏技とも言えるような方法なんですね。

 

そして、この方法はMNPでないため、割引ポイントももらえない・・と思いがちですが、新規での契約の場合も楽天ポイントが5000ポイントつくのも地味に嬉しい

 

ちなみに・・・

MNPでのメイン回線を楽天へ移すばあい、iPhone13の乗り換えキャンペーンを使うと、25000ポイントの楽天ポイントがつきますが、個人的にはメインを楽天にするのはまだおすすめできません。。

なぜなら、以下の記事でも書いてますが、楽天の楽天リンク(電話)の品質が悪かったり、従量制の通信量に低速モードでの通信も対象になり、低速モードでのデータ使い放題の運用ができないためです。

とりあえず楽天アンリミットを解約したい|1ヶ月ちょっと使って見切りをつけた理由

なので、実際に運用する場合、ここでも紹介した通り、

楽天モバイルはiPhone13購入のためだけに新規で契約し、デュアルSIMによりメインの運用は他の通信会社のSIMを利用する

というのが最もおすすめです。

ちなみに、メインで運用するSIMは、今まで使ってきたSIMを利用する形でも全く問題ありません。(今使っているスマホからSIMを取り出して、iPhone13に差し替えれば問題なく利用できます。)

ちなみに、もしこの機会にメインで利用するSIMも見直したい、という場合は、私はmineoを強くお勧めします。その理由としては、1.5Mbpsの低速モード(パケット放題プラス)で実質使い放題になるからです。

【公式】マイネオのパケット放題プラス

1.5mbps出れば、YouTubeなどの動画も本当に快適ですし、これがあればGBも毎月最低のもので十分(実質ほぼ使わない。)なので、2000円足らずでこんなに快適なパケット運用ができるのは、本当に神だと思ってます。。

 iPhone13を最安値で購入する方法まとめ

ということで、最後にiPhone13シリーズを最安値で購入する方法についてまとめます

一括購入(MNPもOK)→楽天モバイルが最安値※楽天ポイントを割引に加算:Apple Storeと同じ販売価格(※ミニの128GBは公式より20円安い)で、MNPすると楽天ポイント2万ポイント付与(※新規での楽天モバイル契約ならさらに5000ポイント追加付与)されるため。※もちろん、契約縛りなども無し。

一括購入(MNPはNG)→楽天モバイルが最安値※楽天ポイントを割引に加算:楽天モバイルは回線契約が必要であるし、同じ価格のヨドバシカメラやビックカメラはポイントはつくものの、1000円〜2000円分とポイント付与も少なく、金利無料の分割支払いも返品も不可なため。

分割購入⇒MNPあり、無しに関わらず楽天モバイルが最安値(デュアルSIMで、楽天モバイル回線は使わず通常運用は別の通信会社を使う。そうすることで、楽天モバイルの通信料金が無料となり、最大48ヶ月の分割支払いの恩恵と、25ヶ月以降の支払いを端末を返却することで無効とできるから。)※ただし、25ヶ月以降で機種を返却する際、一律で3300円の返却手数料が発生すること、故障や破損があった場合は22000円の追加料金が発生することに注意。

ということで、一括購入するにしても分割購入する場合でも、楽天モバイルで購入するのが最安値で最もお得となっています。

ただし、、、楽天モバイルでのiPhone13シリーズの在庫が機種によっては既に無くなり始めています・・・。

今から購入を考えている方は、急いで狙っている機種の在庫をチェックしてみて下さいね!

【公式】楽天モバイルのiPhone13の在庫をリアルタイムチェックする。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です